競馬系YouTuber坂上明大は元トラックマン!動画の3つの特徴を徹底解説

競馬ユーチューバー

皆さんは競馬系YouTuberの中でも、高い人気を誇る坂上明大さんをご存知でしょうか?

YouTuberの中には競馬に特化した動画を配信している方も多く、実際に馬券を購入している姿を投稿してい方や、自分の細かい予想を動画にしている方など様々なタイプのYouTuberが存在しています。

坂上明大さんは主に、大きなレースの予想を動画で投稿しており、元トラックマンという経歴を生かしてかなり詳しくレースについて解説しているので、競馬系YouTuberの中でも有名な人物となっています。

そこで、この記事では坂上明大さんについて詳しくご紹介していきたいと思います!一体、坂上明大さんってどんな人なのか、どのような動画をアップしているのかなど気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

坂上明大さんの特徴

YouTubeチャンネル「競馬オタク」で、レースの予想を多く配信している坂上明大さんはどのような人物なのか?元トラックマンとも言われていますが、その経緯などについて詳しく知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そこで、まずは坂上明大さんの特徴についてご紹介していきたいと思います。

トラックマンの経験がある

坂上明大さんは大学卒業後にトラックマンの道を目指したと言われています。大学では、法学部に在籍しており、情報収集の能力や予想をする方法などはこの時の勉強が役に立っている可能性も高いですね。

トラックマンに興味を持ったのは、競馬エイトでトラックマンをしている鈴木ショータさんに出会ったからだとも言われています。

しかし、トラックマンという仕事はなりたい!と思ってもそう簡単になれる職業ではありません。そこで、坂上明大さんはトラックマンの最終面接の際に、自分がどれだけ競馬が好きか、どれだけトラックマンになりたいと思っているかの情熱を一心に伝えました。最終的に給料はいらないから雇って欲しいと面接官に言い、その熱意を認めてもらったそうです。

競馬のYouTuberの予想を参考にするかどうかは、その人の経緯などもとても重要になると思いますが、元トラックマンで競馬に対する熱意があるというだけで、十分信用できるのではないでしょうか?

チャンネル登録数が多い

2013年6月7日からYouTuberとして活躍している坂上明大さんですが、すでに700本以上の動画を投稿しており、総再生数も間もなく1000万を達成するほどの人気となっています。

また、登録者数も3.5万人を超えており、競馬系YouTuberの中でもトップクラスの数値です。さらに、Twitterのフォロワー数も1.2万人とその注目度の高さをうかがうことが出来ますね。的確な予想を参考に馬券を買っているという人は少なくないようです。

Twitterでも競馬に関する多くの情報を投稿しているので、興味がある方はYouTubeだけではなく、Twitterもフォローして見てはいかがでしょうか。


主に、レース予想の振り返りについての投稿が多く見られますが、予想に関する投稿もあるので是非参考にしてみて下さいね。

多くのメディアでも活躍している

坂上明大さんは、YouTuber以外でも精力的に活躍しており、マシェバラ競馬バラエティという、インターネット上で芸能人の方などとリアルタイムでコミュニケーションをとることが出来る番組にも参加しています。

また、競馬雑誌で有名なサラブレでは『種牡馬のトリセツ』『新馬戦勝ち馬Check!』を連載しており、競馬界でもかなり有名になって来ています。競馬ブックで推奨馬を紹介する動画も公開されており、自身のチャンネル以外でも幅広く活躍を続けています。

競馬、オタクというワードで検索をするとトップに出るほどの、人気になって来ており、今後の活躍にも注目していきたいと思います。

坂上明大さんの動画をご紹介!

では、ここからは坂上明大さんがアップしている動画をご紹介していきたいと思います!プロフィールや経歴が凄いことは分かっていただけたと思うので、気になる方は是非動画を見てみて下さいね。

【2020東海S】インティ危うし?逃げ争いで荒れ気配!(重賞トーク/前編)

【2020東海S】インティ危うし?逃げ争いで荒れ気配!(重賞トーク/前編)

202年1月26日(日)に開催されたG2の東海Sの予想動画になります。ダート1800mのレースで、インティが1番人気となっていましたが、坂上明大さんの予想はどのようになっていたのでしょうか?

タイトルにもなっているように、インティを不安視する内容で、その他の有力馬についても詳しくトークしています。

最終的な坂上明大さんの推し馬は15番の「ヴェンジェンス」でしたが、結果から言うと半馬身差でエアアルマスに敗北してしまい、惜しくも2着でした。

予想を見ると、単勝こそ外れているものの、ワイドは見事的中しているのが分かりますね。不安視していたインティは3着となっており、予想はほぼ的中と言っても過言ではないと思います。

また、予想の根拠についても丁寧に詳しく解説されているので、坂上明大さんの予想だけではなく、その考察についても参考になるというのが魅力の一つでもあると思います。時には、自分の見解を異なる予想の時もあると思うので、その時には坂上明大さんの考えと自分の予想を合わせて馬券に生かせば、自ずと的中率も上がってくるのではないでしょうか?

【2020シンザン記念】京都芝1600mの特徴と馬場傾向(トラックバイアス)

【2020シンザン記念】京都芝1600mの特徴と馬場傾向(トラックバイアス)

実は、坂上明大さんが投稿しているYouTubeチャンネルの「競馬オタク」では、坂上明大さん以外の方も顔出しはしていませんが、出演しており、別の観点からの競馬情報を投稿しています。

上記の動画では、競走馬に関する情報ではなく、レースが開催される競馬場の特徴や、距離による傾向、馬場の傾向などが公開されています。

坂上明大さんの動画と合わせて参考にすることで、さらに的中率を上げることが可能となっています。こちらの動画もかなりレースの参考になるので、見て損はないと思いますよ。

【質問コーナー】回収率?退職理由?今の仕事?今年の目標?

【質問コーナー】回収率?退職理由?今の仕事?今年の目標?

坂上明大さんの動画では、度々自身のことについての動画も投稿されています。どれくらい的中しているのか、今はどんな仕事をしているのかなどを赤裸々にトークで紹介されています。

また、他の動画では坂上明大さんの1日に密着した動画も公開されており、レースの予想だけではなく、坂上明大さん自身のファンになって動画を見ているという方も少なくないようですね。

YouTuberの中には自分のことをなるべく隠そうとしている方も多いですが、ここまで明らかにしているのは好感が持てますよね。

まとめ

今回の記事では、競馬系のYouTuberの中でも坂上明大さんについて詳しくご紹介していきましたが、参考になりましたでしょうか?

競馬では多くの情報を集めることも重要ですが、競馬に詳しい方の考察を知ることも予想の参考になるのと思います。元トラックマンという経験を活かして、YouTuberの中でもかなり深く考察を展開しているので、聞いているだけでもかなり勉強になることが多いと思うので、是非チェックしてみて下さいね!